大まかな手続きの流れ

年代物のカメラを売却するにあたって、ネット上の買取業者を利用する場合、手続きの大まかな流れをあらかじめチェックしておくことも大切です。まず、買取業者のホームページを開き、売却を希望するカメラやレンズの商品に関する情報や自分のプライバシーデータを、メールや電話で担当者に伝えましょう。こちらの手続きが終わると、相手方の業者から、事前査定の結果が知らされます。

その際に提示された金額をチェックし、売却を希望する場合には、本査定の申し込み手続きへと移ります。宅配キットが送付される場合、自宅に届いた段ボール箱にカメラやレンズを梱包し、指定された送り先へと発送します。そのような場面では、商品の発送や、キャンセル時の返送に掛かる費用が無料であることをチェックしておくことをおすすめします。

その後は、業者から最終的な査定の結果が知らされるので、内容を確認し、提示された金額に納得すれば、買取を依頼することとなります。また、査定金額に納得できない場合、取引をキャンセルして商品を返送してもらうことも可能です。なお、買取業者を探す際には、利用することのできる通信手段もチェックしておくと、担当者との連絡が取りやすくなります。

参考サイト・・・全国対応のカメラ買取専門店【カメラ高く売れるドットコム】

売却手段の選び方

買取業者ではなく、ネットオークションやネットショップを利用してカメラを売却する場合、高く売れることが期待されるのは間違いありません。ただし、こちらの方法では、商品の写真を撮影したり、説明文を作成したり、購入者との取引を行なったりする必要があり、そのためのエネルギーや時間、コストが発生するという点に注意する必要があります。

中でも、正常に動作しなかったり、汚れの状態がひどかったりするなど、訳ありのカメラを売却する場合には、画像やテキストできちんと説明するなど、購入者に対する配慮をしっかり行なっておくことが大切です。こうした気配りを怠ると、後になってクレームなどのトラブルが発生するリスクが生じてくるので、気をつける必要があります。

そのような意味合いからすると、買取業者によって提供されるサービスを利用する場合は、買取金額が下がる傾向にあるとは言うものの、専門の業者スタッフによる査定を受けた上での売却となるので、クレームなどのトラブルが発生するリスクが低く、そのために負担する手間暇が少なくて済むというアドバンテージがあります。見方を変えれば、買取業者によるサービスは、そうした面倒な手間暇を肩代わりしてくれるものと言えるでしょう。

各売却方法の違い

巷には、手元にある年代物のカメラの売却を考えている人も存在します。一般的には、型が古くなると、業者によるカメラの査定金額は下がる傾向にありますが、機種によってはプレミアが付いて、かえって高額の買取価格が提示される可能性もあります。したがって、古いカメラを所有していて、機種に関する専門的な知識がない場合には、買取をあきらめる前に、その道のエキスパートである業者スタッフに問い合わせをしてみるのがおすすめの方法です。

ただ、カメラの買取業者によるサービスは、買い取った商品の転売を目的として提供されています。そのため、転売可能と思われる金額から、買取業者の得る利益を引いた上で、買取金額が提示されることとなります。それでも、人気の高い機種や最新機種の場合であれば、販売価格の6割から7割の金額で買い取ってくれることもありますが、たいていの場合、半額やそれ以下の金額が提示されることとなります。

そういった事情から、買取業者によって提示される査定金額に納得がゆかない場合には、ネットオークションやネットショップで売却するという選択肢もあります。こちらの方法を実践すると、高額での売却が期待されるのは確かです。

年代物カメラの買取

皆さんの中には、年代物のカメラを所有し、売却したいと思っている方がおられるかも知れません。一般に、型の古いカメラは買取価格が低くなりがちですが、場合によっては、プレミアが付いて高額の査定となることもあります。したがって、カメラの機種に関する専門知識が足りないために、手持ちの年代式カメラが希少性の高いものかどうか分からない場合は、専門の業者に問い合わせてみると良いでしょう。

ただ、カメラの買取業者は、転売を前提としてサービスを提供しているため、査定金額はそれなりに低いものとなります。そのような買取業者の査定額に不満がある場合は、ネット上のオークションやショップで売却するのも1つの方法です。こちらの方が、売却金額は高くなる傾向にあるのは確かです。ただし、写真の撮影や説明文の作成、購入者との取引には、それなりの手間暇や費用が掛かるので、その点には気をつける必要があります。特に、訳ありのアイテムを売却する際には、購入者に対する気配りが行き届いていないと、クレームなどの問題に発展する可能性があります。そういう意味では、買取業者によるサービスを受ける場合は、専門のスタッフによる査定をしてもらうので、事後のトラブルが少なくて済みます。

こちらでは、年代物のカメラを売却したいとお考えの方のために、役に立つ情報をいろいろとご提供します。皆さんの中で、そのような状況にある方は、参考にして頂ければ幸いです。