各売却方法の違い


巷には、手元にある年代物のカメラの売却を考えている人も存在します。一般的には、型が古くなると、業者によるカメラの査定金額は下がる傾向にありますが、機種によってはプレミアが付いて、かえって高額の買取価格が提示される可能性もあります。したがって、古いカメラを所有していて、機種に関する専門的な知識がない場合には、買取をあきらめる前に、その道のエキスパートである業者スタッフに問い合わせをしてみるのがおすすめの方法です。

ただ、カメラの買取業者によるサービスは、買い取った商品の転売を目的として提供されています。そのため、転売可能と思われる金額から、買取業者の得る利益を引いた上で、買取金額が提示されることとなります。それでも、人気の高い機種や最新機種の場合であれば、販売価格の6割から7割の金額で買い取ってくれることもありますが、たいていの場合、半額やそれ以下の金額が提示されることとなります。

そういった事情から、買取業者によって提示される査定金額に納得がゆかない場合には、ネットオークションやネットショップで売却するという選択肢もあります。こちらの方法を実践すると、高額での売却が期待されるのは確かです。


admin